「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

症状から探す吐く・嘔吐といった異常、症状食べるとすぐ吐く
8カ月の猫です。食後すぐ、よく吐きます。食事の一回の量を減らしても、吐くことが多いのですが、大丈夫ですか。

ミックス | 0歳8カ月 | C

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

ご相談者様の愛猫は、食事の一回の量を減らしても、食後すぐに吐いてしまうことが多いのですね。ご相談者様の愛猫は、嘔吐ではなく、吐出をしているのだと推察されます。吐出とは、消化されていない食べ物が胃に到達する前に逆流して吐き出されることをいいます。嘔吐と異なり、吐出は吐きだすときにお腹の激しい動きがなく、吐いた吐しゃ物に胃酸のにおい(酸っぱいにおい)がしません。吐出することが多いと、体に十分な栄養を摂り入れることができず、成長が阻害されてしまう恐れがあります。ご相談者様の愛猫は8カ月齢ということですが、成長具合はいかかでしょうか? 吐出する原因としては、先天的な食道の異常や後天的な食道の炎症、食道を動かす神経の異常などがあげられます。吐出を繰り返すと、誤嚥性肺炎を起こす危険性もあります。一度、かかりつけの獣医師に診てもらい、検査されるといいでしょう。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • みんなの愛猫は安心している?
  • 猫から人にうつる病気
  • 愛猫と自撮り写真を撮ってみよう!
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • 秋の夜長の過ごし方
  • 愛猫へのラブレター

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。