「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

部位から探す皮膚疾患
愛猫がアトピーと言われました。何かしたほうがいいことはありますか。

ミックス | 6歳0カ月 | ♀

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

ご相談者様の愛猫はアトピーと診断されたのですね。やはり、かゆみの症状が強く出てしまったのでしょうか? 猫の場合、犬と異なりまだアレルギー検査のようなものは確立されていません。ですから、原因物質を探るということは難しいです。多くの場合が環境中のアレルゲンに反応していることが多いですが、現在食べている食事に反応している可能性もありますので、フードを低アレルゲン食に変えてみるというのも一つの方法です。 また、体表についてしまったアレルゲン物質を落とすことを目的に定期的にタオルシャンプーなどをしてあげてもいいと思います。 さまざまなことをやってあげていてもアトピーの症状は出てしまうものです。100パーセント抑えるという意識ではなく症状をできるだけ抑えてあげられるように、という意識で取り組みましょう。そして、症状が出てしまったら、早めにかかりつけの動物病院を受診するようにしてくださいね。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • パーツでわかる ねこのきもち
  • 「猫の知能は3歳児くらい」ってホント?
  • “アルファベット”感染症
  • 愛猫を救うのはカスタム防災
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • おうちジムのススメ
  • 猫とパンダが似ている8の理由

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。