「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

部位から探す消化器官
愛猫が膵炎(すいえん)で入院しました。退院後食欲がなく、一日30gほどしか食べません。再診すべきですか。

ミックス | 13歳11カ月 | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

膵炎は厄介な病気です。急性膵炎の際に食欲不振がみられますが、状況が落ち着いてからも食欲不振が長く続くことがあります。また、膵炎の際の急な食欲不振により脂肪肝を併発したり、急性膵炎から慢性膵炎に移行した場合なども食欲不振を引き起こすことがあり、とても厄介な病気です。 ご相談者様の愛猫は以前はどのくらいのフードを食べていたのでしょうか。30gがもともと食べいていた量の7割くらいであれば様子を見てもいいと思いますが、5割を切っているようであれば点滴や強制給餌の必要があるかもしれません。食欲不振を長引かせると脂肪肝の悪化につながりますので早めに受診しましょう。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • ライフステージ別 気を付けたい病気
  • 遊びが盛り上がる♪ 魔法の手づかい
  • ドラマチック・フード物語
  • うちのじゃまかわいい猫たち
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • おうちジムのススメ
  • 猫とパンダが似ている8の理由

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。