「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

部位から探す歯・口
歯頸部吸収病巣と診断されました。1カ月前に頭を打ち治療中ですが、麻酔下での処置は無理と言われました。どうしたらいいでしょうか。

ミックス | 1歳10カ月 | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

歯頸部吸収病巣は猫によく見られる歯の病気です。この病気は歯の組織にある破歯細胞(はしさいぼう)が、歯をこわして虫歯のように穴があきます。人間の虫歯は細菌がつくる酸によって穴があきますが、この歯頸部吸収病巣では、細菌は関係していません。現在はまだはっきりした原因は分かっておらず、さまざまな研究がされています。 進行するとチリチリとした痛みが出てきたり、歯の根がアゴの骨と一体化してしまったり、歯茎でおおわれて歯がなくなったり、骨内に残された歯根が感染を起こして化膿してしまったりと色々な状態になります。治療は、感染を起こしている歯根や感染を起こしそうな歯根を、麻酔をして摘出することが有効であるといわれています。ご相談者様の愛猫は麻酔がかけられない状態ということですので、薬剤を使った治療になります。しかし、まだ有効な薬剤が見つかっておらず、抗生物質で感染を抑えたり、インターフェロンなどを使用して進行を抑えていきます。また、歯周炎などから細菌感染を起こさないように口腔内を清潔に保つのも進行を遅らせるために役立つのではないかと考えられているようです。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 噛む・引っかく される前にできること
  • 粘膜に症状が現れる病気
  • 猫の好奇心 3ステップアクション
  • マストバイ猫家電
おすすめ特集
  • 猫ってピンクがいっぱい
  • 動物看護士について
  • 猫のスプリングマッサージ

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。