「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

症状から探す目の異常、症状結膜・瞬膜が見える
6歳のミックスです。瞬膜が出ているのですが動物病院へ行ったほうがいいでしょうか。

ミックス | 6歳2カ月 | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

猫の目には第三の瞼(まぶた)とも呼ばれる目頭の内側に白い薄い膜があります。これが瞬膜です。瞬膜は、猫が健康な状態では目頭の奥に少し見えるだけで、瞼を閉じると同時に左右から出て目を覆い眼球を保護する役割をしています。 瞬膜が目頭から眼球の上までいつも露出したままの状態になってしまっている場合は、瞬膜が充血したり、炎症を起こしたり、瞬膜のリンパ組織が腫れていたりしているということです。このような状態になる原因としては、目の病気と全身の病気が考えられます。 目の病気の場合は片目に現れることが多く、異物の混入、目の傷などがあります。 全身の病気の場合は両目に現れることが多く、体調不良によります。栄養障害、ウイルス感染、ストレスなどがあります。また、神経の障害によって起こることがあります。この場合は、縮瞳(しゅくどう)や瞼の下垂(かすい)などが同時に見られることが多いです。 このように瞬膜が出ているということは病気の可能性が高いので、動物病院へ行って診察を受けてくださいね。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • ○○がある・ないでわかる病気
  • ニャ論調査2017 #2 フード編
  • サマーシャンプーしちゃお★
  • キャット・ファースト24h
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • おだらけねこ祭り
  • 本当にあった\ちょっと/怖~い話

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。