「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

症状から探す動作・意識の異常、症状声がおかしい・出ない
愛猫がだみ声になってしまいました。原因としては何が考えられますか。

… | 4歳2カ月 | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

猫がだみ声になるのは、声帯が腫れたり、動きにくくなると声が出にくくなっているからです。声帯は、喉頭(こうとう/のど)の上部にある声を出す器官です。 声帯の腫れは、大声で鳴き続けたときに見られることがあります。このような様子がないときは、上部の呼吸器疾患が原因していることがあります。一般的な原因として猫風邪といわれる猫ヘルペスウイルスや猫カリシウイルスの感染が考えられます。その他、喉頭にできる腫瘍、喉頭の麻痺、アレルギーによる声帯の炎症など、だみ声になる原因は色々考えられます。症状が進むと、喉頭の痛みにより食欲がなくなったり、呼吸がしにくくなりますので、だみ声が長く続くようでしたら、動物病院で受診してくださいね。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 熱中症シチュエーション
  • 失敗しない夏のお留守番
  • ねこのお水学
  • 猫カフェスタッフのマル秘接し方テク
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • ちっちゃい前歯ファンクラブ
  • もしかしたら認知症かも?
  • 猫のいいニオイ、クサいニオイ

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。