「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

症状から探す皮膚・毛の異常、症状一部分だけ毛が生えない
9歳のミックスです。下半身に毛が生えなくなってきていて耳の両脇も毛艶がよくありません。乳腺にしこりもあるようなのですが、どのような病気が考えられますか。

ミックス | 9歳9カ月 | ♀

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

皮膚病によって毛が生えなくなってきたり毛艶が悪くなっている場合は、湿疹やかゆみ、過剰な毛づくろいが見られることが多く、原因として、ノミやダニの寄生、カビや細菌の感染、アレルギーなどが考えられます。 かゆみや過剰な毛づくろいがなくて被毛に異常があれば、免疫異常や、糖尿病、甲状腺機能亢進症などが考えられます。また、偏った食事が長期間続くとビタミン不足やタンパク不足により被毛の状態が悪くなります。 乳腺のしこりは乳腺腫瘍によるものが一番多いのですが、大きさやできている場所だけでは判断することができません。リンパ腫や線維肉腫など皮膚の下にできるしこりは色々あります。 ご相談者様の愛猫は9歳という高齢ですね。さまざまな病気にかかりやすい年齢ですので、早めに動物病院で診察を受けてくださいね。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 熱中症シチュエーション
  • 失敗しない夏のお留守番
  • ねこのお水学
  • 猫カフェスタッフのマル秘接し方テク
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • ちっちゃい前歯ファンクラブ
  • もしかしたら認知症かも?
  • 猫のいいニオイ、クサいニオイ

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。