「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

症状から探す皮膚・毛の異常、症状皮膚が黒くなる
愛猫の下唇の一部が黒くなっています。どうしてでしょうか。

スコティッシュホールド | 6歳0カ月 | ♀

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

成長するに伴い、下唇の部分が黒くなる猫が見られます。生理的な色素沈着によるもので様子をみていて問題のないケースもありますが、メラノーマ(悪性黒色腫)という皮膚がんの可能性もあります。短期間に急激に広がる場合はこの可能性もありますので、念のため動物病院で診察をお受けください。メラノーマはメラニンを産生する細胞が腫瘍化することにより起こります。口腔の粘膜や舌に黒いしみのような病変が広がります。悪性度が高い腫瘍で、リンパ節に転移しやすく再発率も高いため、早急な治療が必要な病気です。猫での発生率は高いわけではありませんが、年齢に比例して腫瘍の発生率は高くなるため7歳以上の猫は注意したほうがいいでしょう。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 毎日は猫のニャモーレに溢れてる!
  • ねこの“吐く”を減らそうプロジェクト
  • オスの性格・行動ランキング10
  • 猫もグッズも ベタ→サラ革命
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • 猫との暮らし 理想と現実
  • 社会はもっと猫にやさしくなった
  • 猫のために何ができるだろうか

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。