「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

症状から探す排泄の異常、症状おしっこ(尿)が出ない
3歳のメス猫です。数日前からトイレに頻繁に行きますが、尿が少ししか出ていないようです。どうしたのでしょうか。

ミックス | 3歳11カ月 | ♀

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

膀胱炎は猫がかかりやすい病気のひとつです。飲水量が少なくなる冬の時期によく見られます。原因が細菌感染による細菌性膀胱炎もありますが、猫の場合は細菌感染のない特発性膀胱炎も多くみられます。症状は何回もトイレにいく、一回の尿量が少ない、排尿するとき鳴く、食欲が落ちるなどです。また、オス猫の場合はメス猫に比べ、尿道が細く長いため、結石が尿道に詰まってしまい尿道閉塞を引き起こすリスクが高いです。結石以外にも炎症によって出てくる血液や粘膜細胞の塊が詰まってしまうこともあります。尿道閉塞を起こした場合、約24時間で急性腎不全を起こし、約48時間で死亡するといわれています。もっと早く症状が進むこともあります。見た目の症状から膀胱炎か尿道閉塞かを判断することは難しいです。早めに受診することをおすすめします。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 毎日は猫のニャモーレに溢れてる!
  • ねこの“吐く”を減らそうプロジェクト
  • オスの性格・行動ランキング10
  • 猫もグッズも ベタ→サラ革命
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • 猫との暮らし 理想と現実
  • 社会はもっと猫にやさしくなった
  • 猫のために何ができるだろうか

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。