「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方健康管理
愛猫の歯石を取りたいと思っていますが、全身麻酔をする必要はありますか。

ミックス | 3歳7カ月 | ♀

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

基本的には、全身麻酔をする必要があります。 まず、歯石を取り除く際には、歯の表面には目に見えない細かな傷がたくさん付きます。その傷をきちんと研磨して歯の表面をなめらかにする処置をしないと、かえってその後歯石が付きやすくなることもあります。この研磨の処置は、麻酔下でないと困難です。また、動物病院で受ける歯石除去は、見えている部分の歯石を取ることだけが目的ではありません。口腔内の状態の確認や、歯周ポケット内の歯石の除去など、今後の歯周病の予防につながるケアも同時に行います。これらの手当ても、麻酔下でないと安全には行えません。高齢や基礎疾患など、麻酔をかけられない事情がない限りはきちんと麻酔下で処置を受けるほうがよいでしょう。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • ライフステージ別 気を付けたい病気
  • 遊びが盛り上がる♪ 魔法の手づかい
  • ドラマチック・フード物語
  • うちのじゃまかわいい猫たち
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • おうちジムのススメ
  • 猫とパンダが似ている8の理由

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。