「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方健康管理
動物病院に行ったら「猫の症状にもっと鈍感にならないと」と言われました。気にしすぎなのでしょうか。

ミックス | 8歳7カ月 | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

もちろん病気に早く気づいてあげることはとても大切なことです。早めに治療してあげることで重症化しないで済むこともあるからです。 特に初めて猫を飼う方であれば、ちょっとしたことでも気になると思います。だんだん飼い慣れてくると、ご相談者様の愛猫の体質や特性もみえてくると思いますので、今までの症状やその後の経過、受けた治療などはしっかり記録しておきましょうね。 もし、こんなことで動物病院に行ってもいいのだろうかとか、これは大丈夫だろうか、などちょっとしたことでも気になることがあれば、こちらの相談室にお電話していただければ、お答えさせていただきますので遠慮なくご連絡くださいね。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 毎日は猫のニャモーレに溢れてる!
  • ねこの“吐く”を減らそうプロジェクト
  • オスの性格・行動ランキング10
  • 猫もグッズも ベタ→サラ革命
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • 猫との暮らし 理想と現実
  • 社会はもっと猫にやさしくなった
  • 猫のために何ができるだろうか

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。