「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方動物病院の選び方
1、2カ月前から茶色の目やにが出ており治療しているのですが、改善しません。セカンドオピニオンを利用してもいいでしょうか。その際にはどのようにすればいいですか。

マンチカン | 1歳10カ月 | ♀

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

セカンドオピニオンは治療を目的とするものではなく、その病気と治療について別の意見を聞くためのものです。 セカンドオピニオンを考えたら、もう一度かかりつけの獣医師に相談して飼い主さんが疑問や不安に思っていること確認しましょう。飼い主さんの疑問が整理できますし、解決することがあるかもしれません。それでも、疑問が解決しなかったり、さらに多くの知識を取り入れたいと思ったら、別の動物病院を探しましょう。 最近では、セカンドオピニオンを積極的に受け入れている動物病院も増えてきていますので、来院する前に動物病院に問い合わせてみてください。動物病院によっては、初めの動物病院の検査データや服用中の薬の持参を求めることがあります。 治療を目的で行くわけではなくても、セカンドオピニオンの動物病院でも、新たに診察や検査が必要になることがあります。その場合は動物病院の方針を受け入れて、診察や検査を受けてくださいね。 新しく聞いた意見や知識をもとに、愛猫にとってよりよい治療法を担当獣医師と話し合ってくださいね。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

ねこ図鑑の関連記事

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 噛む・引っかく される前にできること
  • 粘膜に症状が現れる病気
  • 猫の好奇心 3ステップアクション
  • マストバイ猫家電
おすすめ特集
  • 猫ってピンクがいっぱい
  • 動物看護士について
  • 猫のスプリングマッサージ

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。