「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方健康管理
水槽にダイブしてしまいました。助け出しましたが、様子を見ていても大丈夫でしょうか。

ミックス | 1歳10カ月 | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

ご相談者様の愛猫が、元気も食欲もあり、普段と変わらない様子で遊んでいるようでしたら、様子を見ていても大丈夫でしょう。 猫が水槽に入ってしまった後に注意しなければならない症状は、次のようなものです。 飲んだ水が肺に入ってしまうと肺炎(逆流性肺炎)を起こす可能性があります。猫が苦しそうな呼吸をしていないか、咳をしていないか見てください。細菌が繁殖した水槽の水を飲んでしまったら、下痢を起こすかもしれません。また、耳に水が入ったままになってしまうと外耳炎などになることがあります。主な外耳炎の症状は耳を痒がる、頭を左右に振るなどです。外耳炎は数日後に気がつくこともありますので、しばらくは注意深く様子を見てあげていてくださいね。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 毎日は猫のニャモーレに溢れてる!
  • ねこの“吐く”を減らそうプロジェクト
  • オスの性格・行動ランキング10
  • 猫もグッズも ベタ→サラ革命
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • 猫との暮らし 理想と現実
  • 社会はもっと猫にやさしくなった
  • 猫のために何ができるだろうか

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。