「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方子猫子猫のいたずら
いたずらが多くて困っています。

ラグドール | 0歳9カ月 | ♀

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

若い猫ですので、好奇心も旺盛でさらに運動欲求(運動したがる気持ち)も強く、面白そうなものには手当たり次第に手を出す状況になりやすいです。 やめさせようとして叱るとかえって本能を刺激してワクワクさせてしまったり、攻撃的になってしまったりすることもあるので叱ってやめさせるのは困難な場合が多いです。 このような状況に対しては、 �いたずらしそうなものは片づける、もしくは目を離すときにはケージに入れるか安全な一部屋で過ごさせるようにするなど、いたずらをできない状況にする。 �こまめに遊んでなるべく発散させ、好奇心や運動したい気持ちをできるだけ満たす努力をする。 この2つの対応を並行して行うようにしてみましょう。運動欲求をきちんと満たすことで、無謀ないたずらをしにくくなる場合もあります。 遊ぶ際には、高くジャンプしたり高い所に登ったりなど重力に逆らう動きを取り入れると、短い時間の遊びでもより高い運動効果を得やすいです。猫の体調に合わせてそのような動きをなるべく取り入れてみるのもよいでしょう。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

ねこ図鑑の関連記事

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 毎日は猫のニャモーレに溢れてる!
  • ねこの“吐く”を減らそうプロジェクト
  • オスの性格・行動ランキング10
  • 猫もグッズも ベタ→サラ革命
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • 猫との暮らし 理想と現実
  • 社会はもっと猫にやさしくなった
  • 猫のために何ができるだろうか

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。