「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方食事食事の与え方
たまに食べすぎてしまうと、吐いてしまうのですが。

… | …

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

ご相談者様の愛猫は、いつもではないようですが、食べすぎてしまうと吐いてしまうのですね。吐いてしまった後も愛猫がスッキリしていて、次のお食事を普通にとれるようでしたら、病的な吐き気ではなく、一度に多量のフードを食べたことが原因で吐いてしまうのだと考えられます。このような傾向がある猫は、一日分の食事の量は変えずに、一回の食事量を減らし、食事の回数を多くしてみましょう。たとえばご相談者様の愛猫の食事が一日2回であれば、一日3〜4回に分けていただくといいです。 また、フードの粒の大きさを小さいものするなど形状の違ったものに変更することによって、吐く回数が減る場合もあります。また、愛猫が嫌がらずに食べるようであれば、ドライフードに水を加えてあげるのもいいでしょう。 上記を試していただいても、あまり効果ない場合には、ホルモンの病気などで過食になっているために、吐いているなど病気によるものの可能性がありますので、一度かかりつけの獣医師にご相談ください。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 毎日は猫のニャモーレに溢れてる!
  • ねこの“吐く”を減らそうプロジェクト
  • オスの性格・行動ランキング10
  • 猫もグッズも ベタ→サラ革命
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • 猫との暮らし 理想と現実
  • 社会はもっと猫にやさしくなった
  • 猫のために何ができるだろうか

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。