「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方健康管理
6カ月齢になるメスの保護猫を迎えようと考えています。何か気をつけることはありますか。

ミックス | 0歳7カ月 | ♀

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

保護猫を迎え入れる注意点としては、まず動物病院へ行き健康診断を受けるようにしましょう。 具体的には、外傷はないか、先天的な体の異常がないか、外部寄生虫の感染はないか、検便をして、お腹の中に寄生虫がいないかどうか、ウイルス(猫白血病ウイルス(FeLV)、猫免疫不全ウイルス(FIV))チェックなどです。 またワクチンを接種する必要があります。ワクチンは3種混合ワクチンが一般的ですが、飼育環境などによって、さらに追加でワクチンを接種したほうがいい場合がありますので、獣医師にご相談ください。 また6カ月齢ということですから、健康診断で異常がなければ、避妊手術の時期を決定されるといいでしょう。 猫を迎え入れたら、最初はケージに入れるなどして、囲われた場所で人や周りの環境に慣れさせるようにすると猫が安心しやすいです。猫のペースに合わせて徐々に家や家族に慣れさせてあげてくださいね。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 毎日は猫のニャモーレに溢れてる!
  • ねこの“吐く”を減らそうプロジェクト
  • オスの性格・行動ランキング10
  • 猫もグッズも ベタ→サラ革命
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • 猫との暮らし 理想と現実
  • 社会はもっと猫にやさしくなった
  • 猫のために何ができるだろうか

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。