「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方薬/投薬の方法
眼軟膏を塗り始めてからケージに入りがちになってしまいました。

アメショー | 7歳1カ月 | ♀

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

猫は警戒心の強い動物です。眼軟膏は決して塗ることにより、しみたり、痛みがでる薬ではありませんが、眼軟膏を塗る際にどうしても、猫をおさえて塗らないといけないので、警戒してしまうのでしょう。 今は「眼軟膏=怖い、嫌」というようなイメージがついてしまっているので、それを払拭してあげるようにします。まず眼軟膏を塗る前に猫の好きなおやつをあげるようにしましょう。また人手があるようでしたら塗っている最中にもおやつをあげながら、塗るとより効果的です。 また、目に薬を塗るということで飼い主さんも少し緊張して行っている場合には、より猫が不安に感じてしまい警戒してしまうものです。肩に力を入れず、笑顔で、さっと塗るように心がけましょう。そのうち猫も慣れてきますから、それほど心配なさらないでくださいね。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 毎日は猫のニャモーレに溢れてる!
  • ねこの“吐く”を減らそうプロジェクト
  • オスの性格・行動ランキング10
  • 猫もグッズも ベタ→サラ革命
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • 猫との暮らし 理想と現実
  • 社会はもっと猫にやさしくなった
  • 猫のために何ができるだろうか

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。