「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


ねこ図鑑:スコティッシュフォールドの特徴や気をつけておきたい病気などをご紹介します。

スコティッシュフォールド

すこてぃっしゅふぉーるど

歴史History

スコティッシュフォールド(通称「スコ」)は、1961年にスコットランドの農場で見つかったことが起源になっています。スコティッシュフォールドの名前が英語で「スコットランドの折れ曲がり」を意味しているとおり、耳が折れた子猫が見つかりました。その後、ブリーダーや遺伝学者の協力を得て試験交配を重ねた結果、折れ耳は単独の優性遺伝子によることが判りました。つまり両親のどちらかは必ず、折れ耳であるということです。 研究が進むにつれ、折れ耳同士の交配は骨格異常が出ることが確認され、現在はブリティッシュショートヘアーやアメリカンショートヘアーとの異種交配もしくは立ち耳のスコティッシュフォールドとの交配が原則とされています。また、初代のメスの猫は長毛の遺伝子を持っていたため、後の世代に長毛種が発見されます。今でも長毛のスコは希少な種類です。

外見の特徴・性格などFeature & Style

折れ耳同士の交配は骨格異常が出ることが確認されているため、遺伝性の病気を懸念して異種交配がされるので、立ち耳のタイプもいます。また、折れ耳で生まれても耳が立ってしまう場合があります。 耳以外にも、スコはまん丸な目と輪郭が手伝って、とても愛らしい外見をしています。 性格は、外見同様にとても穏やかです。人懐っこく愛情深いので、ほかのペットとも仲よくなりやすいでしょう。また、おとなしく、あまり激しく動き回る性格ではありません。鳴き声も小さい猫が多いです。

毛質

スコの毛は、柔らかで厚みがあり、ビロードのような触り心地が特徴です。長毛にいたっては、その分全体がふんわりとゴージャスな印象になります。しっぽと首回りの毛はとくに長くなります。耳の曲がり具合によっては、耳が輪郭に溶け込んでしまい、まん丸の顔に見えます。

毛色

基本的にすべての色が認められます。傾向としては、アメリカンショートヘアーと交配されることがあるので、タビー柄(縞模様/渦巻き模様)が出ることがあります。

気をつけたい病気・ケガ

  • ■ 軟骨の発生障害で四肢や脊椎に発生し、重度になると痛みで歩けなくなることもある遺伝性の病気「骨軟骨異形成症」
  • ■ 尿路内に石が形成され、血尿や膀胱炎の原因になる「尿石症(ストルバイトおよびシュウ酸カルシウム)」
  • ■ 心臓の筋肉が厚くなりすぎて、心臓に十分な血液を送り出せなくなる「肥大型心筋症」
  • ■ 腎臓にたくさんの嚢胞(のうほう/水がたまった袋)ができ、腎臓の働きが徐々に低下し、やがて腎不全になる「多発性嚢胞腎」
  • ■ 耳の中でダニが繁殖してしまい、激しいかゆみを引き起こす。折れ耳のタイプは耳の中の通気性が悪いので起こりやすい「耳ダニ症」
  • ■ 折れ耳タイプは湿気が耳の中にこもりやすいため、細菌やカビが原因で、外耳道に炎症が起こる「外耳炎」

監修:服部 幸 東京猫医療センター院長

東京都江東区の猫専門病院「東京猫医療センター」院長
北里大学獣医学部卒業。
2年半の動物病院勤務。
2005年よりSyuSyu CAT Clinic院長を務める。
2006年にアメリカのテキサス州にある猫専門病院 Alamo Feline Health Centerにて研修プログラム修了。
2012年東京猫医療センターを開院する。
2014年 JSFM(ねこ医学会)理事。
10年間、猫の専門医療に携わる。


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 長いお付き合いになる病気
  • 猫と水のお蜜なカンケイ
  • 換毛期にすること
  • 猫への思い込みをチェック!
おすすめ特集
  • ねこのかわいさAtoZ
  • 猫の新生活
  • 愛猫の健康を守る「飼い主」編

今月号の特集試し読み


[PR]
[PR]
[PR]

[PR]