「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


ねこ図鑑:シンガプーラの特徴や気をつけておきたい病気などをご紹介します。

シンガプーラ

しんがぷーら

歴史History

シンガプーラという呼び名は、シンガポールのマレー語読みが由来です。 シンガポールの下水溝(ドレイン)で暮らしていた、「ドレインキャット」と呼ばれるノラ猫から自然発生したシンガプーラの品種化への歩みは1970年代に始まります。シンガポールに赴任中のアメリカ人 ハル・メドウが祖国アメリカに住む妻のトミーに土着の小さな猫を送ったことがきっかけとなります。しかしメドウ夫妻が元々アビシニアンのブリーディングを行っていたため、アビシニアンから人工的に作り出された猫ではないということを信じてもらうのに夫妻は多くの時間と手間を費やしました。現在では世界の各団体で公認を受けています。

外見の特徴・性格などFeature & Style

小さいですが、ボディ、4本足ともにしっかりした筋肉質で、やや上がり気味の目はアイラインが入ってパッチリした印象を持たせます。ピンと立った耳は丸い顔に離れ気味に付いています。最大の特徴でもあるボディの大きさは、大きくても2.7kgほど。また、通常の子猫は生後2カ月くらいまで「キトンブルー」と呼ばれる青い目の色をしていますが、シンガプーラの子猫の瞳の色は生後9週間まではさまざまに変化し、成猫になるとグリーン、イエロー、カッパー(銅色)に定着します。 小さな体の印象どおり、優しく甘えん坊で、とてもおとなしい性格です。好奇心が強い反面、神経が過敏な面もあるので、静かな環境で飼うことをおすすめします。

毛質

短くシルキーで滑らかな肌触りが特徴。

毛色

アビシニアンと同じようにティッキング(1本の毛に濃い色と薄い色が交互に入っている)があり、根元が薄く、先端が濃くなっています。腹部は両脇より淡い色で、尾の先端はほぼ黒と言ってもいいほどの濃いブラウン。前肢の内側にはバーリング(濃色の線)があります。

気をつけたい病気・ケガ

  • ■ 発熱、元気消失、脱水、嘔吐、下痢などの症状が出る「猫汎白血球減少症」 「」
  • ■ コロナウイルスというウイルスが原因で、発熱、食欲不振、嘔吐、下痢などの症状により徐々に弱ってしまう、一度発病すると死亡率が高い病気。排泄物に含まれる菌が口、鼻経由で感染する「猫遺伝性腹膜炎(FIP)」 「」
  • ■ 猫の免疫機能を低下させ、口内炎や鼻炎、結膜炎、下痢、皮膚炎などの症状が現れ死に至ることもある病気。有効なワクチンがなく、ウイルスとの接触を断つ必要がある「猫免疫不全ウイルス感染症」 「」
  • ■ 猫白血病ウイルス (FeLV)を原因とする猫の感染症。発熱、元気がなくなる、リンパ節の腫れ、貧血などが見られる。唾液に含まれる菌が口、鼻経由で感染する「猫白血病ウイルス感染症」 「」
  • ■ 貧血や黄疸(おうだん)や脾腫(ひしゅ)などの症状を引き起こす「ピルビン酸キナーゼ欠乏症」

監修:服部 幸 東京猫医療センター院長

東京都江東区の猫専門病院「東京猫医療センター」院長
北里大学獣医学部卒業。
2年半の動物病院勤務。
2005年よりSyuSyu CAT Clinic院長を務める。
2006年にアメリカのテキサス州にある猫専門病院 Alamo Feline Health Centerにて研修プログラム修了。
2012年東京猫医療センターを開院する。
2014年 JSFM(ねこ医学会)理事。
10年間、猫の専門医療に携わる。


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • みんなの愛猫は安心している?
  • 猫から人にうつる病気
  • 愛猫と自撮り写真を撮ってみよう!
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • 秋の夜長の過ごし方
  • 愛猫へのラブレター

今月号の特集試し読み


[PR]
[PR]
[PR]

[PR]