「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

症状から探す > 耳の異常、症状 > 耳の後ろをかく
右耳の後ろを痒がっているようなので、耳の後ろを見たところ、傷がありました。

アメリカンショートヘアー | 8歳11カ月 | ♀

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

ご相談者様の愛猫は耳の後ろに傷があったとのことですが、その傷(皮膚炎)のせいで痒がっている可能性もありますが、右耳に外耳炎や耳ダニがいるなどの原因によりかゆみがあり、後ろ足でかいているうちに耳の後ろに傷ができてしまった可能性のほうが高いと思われます。 耳の中に炎症があって痒がっている場合には、自然に治癒するのが難しく、治療が必要になります。いずれにしても、痒がっていて、傷ができていますので、動物病院へ行き、傷の具合や耳の中に炎症などがないかどうか確認してもらったほうがいいでしょう。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。