「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

部位から探す > 寄生虫
妊娠している娘が里帰り出産する予定なのですが、トキソプラズマについて教えてください。

ミックス | 1歳6カ月 | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

トキソプラズマとは、原虫という寄生虫の一種です。妊婦さんで注意しなくてはならないトキソプラズマ症とは、猫の便などから妊婦さんの口を経由して、トキソプラズマの虫卵(オーシスト)が感染することにより、流産を引き起こしたり、胎児に影響を与えたりする病気です。 しかし、家の中だけで生活している猫であれば、まず猫から感染する機会はないといわれています。それは、室内猫のトキソプラズマの抗体保有率が大変低いということ、トキソプラズマ症が発症するためには、妊婦さんが妊娠中に初めてトキソプラズマに感染した場合のみであること、猫も、そのときが初感染であるということ、猫の便に、トキソプラズマ症の原因となる虫卵(オーシスト)を排泄する期間は、感染してからのごく短期間であるということがあげられます。猫の便を通してより、加熱の不十分な豚肉を食べることにより、うつってしまうケースのほうが多いというデータもあります。ご心配でしたら、妊婦さんや愛猫のトキソプラズマ抗体の有無を血液検査をして、調べてもらうといいでしょう。過度に心配する必要はありませんが、猫のトイレ掃除をしたら、しっかり手洗いをする、愛猫を外に出さない、愛猫に生肉や加熱の不十分な肉を食べさせないようにする、機械的伝播者であるハエ類やゴキブリを食べさせないようにする、ネズミを捕食しないように気をつけるなどに注意すれば、まず愛猫から感染することはありません。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。