「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

症状から探す > 排泄の異常、症状 > 血尿が出る
血尿が出たときに考えられる病気にはどのようなものがあるか教えてください。

ミックス | 9歳0カ月 | ♀

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

尿に血が混じるという場合、尿を産生、排泄する器官のどこかで出血していると考えられますね。つまり、腎臓、尿管、膀胱、尿道、外陰部などです。 このとき、出血があってから時間がたっていると、血液は酸化して赤色ではなく、茶色っぽい色になっていることが多いです。動物病院でよく見られる「血尿」ではピンク〜赤色の血が混ざったものが多く、この場合は膀胱、尿道、外陰部近辺からの出血であることが多いです。 その中でも最も多いのが、膀胱炎による血尿です。膀胱炎の原因には細菌の感染によるもの、尿石症によるものなどやストレスによる膀胱炎などがあります。 血尿がみられたら早めにかかりつけの動物病院を受診するようにしましょう。その際、可能であれば新鮮な尿を持参すると診察がスムーズになります。猫砂やペットシーツに染み込んだものではなくそのままの尿を持参できるといいですね。採取できない場合はとりあえずそのまま動物病院を受診していただければ大丈夫ですよ。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。