「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

症状から探す > 食事の異常、症状 > 異物・汚物を食べる
愛猫が何でも食べてしまい困っています。

ミックス | 1歳7カ月 | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

ご相談者様の愛猫は異食症なのかもしれません。異食症とはウールサッキングとも呼ばれ、猫が布製品やプラスチックなどの食べ物以外のものを口にしてしまうことをいいます。細かく噛み砕いて飲み込んでいる場合は便とともに排泄されてしまいますが、飲み込んだものが大きかったり、小さなかけらが体内に蓄積された場合、異物となって胃や腸を傷つけたり、途中で詰まって腸閉塞を引き起こすことがあります。 これを引き起こす原因は、幼少期に母猫から引き離されるタイミングが早すぎることや遺伝的な要因が考えられます。 対策としては、猫が誤飲しそうなものはなるべく片づけることや噛みごたえのある高繊維のフードに切り替えることがあげられます。高繊維フードは動物病院であれば取り扱いがあると思います。また、食べそうなものに猫の嫌いな味のするスプレーや辛い味をしみこませ、噛むと嫌な気持ちになると条件付けをするという方法もあります。 この異食症ですが、2歳くらいで落ち着くという説もあります。しかし、なかには病的な要因により引き起こされていて薬の服用が必要なケースもありますので、動物病院にご相談いただくとよいかと思います。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。