「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

症状から探す > 排泄の異常、症状 > おもらしする(失禁)
16歳のミックスです。大小とも粗相をするようになって痩せてきました。何かしてあげられることはないでしょうか。

ミックス | 15歳11カ月 | ♀

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

16歳の老猫が粗相をして痩せてくるという様子が見られる場合、甲状腺機能亢進症や腎不全、認知症などが考えられます。 甲状腺機能亢進症は、甲状腺の過形成・肥大、甲状腺腫、甲状腺がんなどによって甲状腺ホルモンが過剰になることによって起こる病気です。甲状腺ホルモンは、さまざまな臓器に影響を及ぼし、心臓や肝臓などに症状が出たり、性格の変化や行動の変化が見られます。食欲があるのに痩せてきた、多飲多尿(水をたくさん飲み尿をたくさん出す症状)などが見られることがあります。動物病院へ行き、食事や投薬、場合によっては手術によって、甲状腺ホルモンの量を調節しなくてはなりません。 腎不全は、高齢から老齢猫に多く見られる病気です。加齢に伴って腎臓に負担がかかってきます。食欲不振や脱水によって体重が減少したり、多飲多尿によって排尿の失敗が見られることがあります。動物病院では輸液などで症状の改善に努めます。家では安静にして、今よりも水分や栄養がとれるような食事を考えてあげるとよいでしょう。 認知症は、寝てばかりいる、大声で鳴く、排泄の失敗などさまざまな症状が見られます。認知症の場合は、サプリメントを与えたり、今まで以上にコミュニケーションを取るように心がけると、症状の進行を遅らせることができる場合があります。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。