「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

症状から探す > 吐く・嘔吐といった異常、症状 > 食べるとすぐ吐く
6カ月のミックスです。食べては吐くの繰り返しです。何か原因があるのでしょうか。

ミックス | 0歳6カ月 | ♀

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

猫の吐く動作には2種類あります。「嘔吐」と、「吐出」です。嘔吐の場合は、吐き出す前にお腹の筋肉や横隔膜が収縮して、強力な力で胃の中のものが吐き出されます。それに対して吐出というのは、何の力もなく食べたばかりのものが戻されます。 嘔吐の原因は、胃腸の病気(胃腸炎、消化管内寄生虫、潰瘍、腫瘍、異物など)の他、膵臓、肝臓、腎臓、子宮など胃腸以外の臓器に異常がある場合や、ストレスなども考えられます。吐出は、口や食道、胃の入り口までに異常があり、食べ物が通りにくくなっていることが原因です。生まれつき食道に異常があったり、異物や腫瘍によって塞がれていることが考えられます。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。