「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

症状から探す > 排泄の異常、症状 > おしっこ(尿)の回数が多い
13歳のミックスです。尿量が多いようなのですが動物病院へ行ったほうがいいでしょうか。

ミックス | 13歳9カ月 | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

尿量が1日に猫の体重1kgあたり50mlを超えると、病気を疑います。しかし、尿量を家で正確に確認することは難しいので、多くの場合、飼い主さんには飲水量を確認してもらいます。尿量が増えれば、体の水分が足りなくなり、飲水量も増えるからです。 この状態を多飲多尿といいます。多飲多尿が疑われる場合の猫は体重1kgあたり100mlを超える水を飲みます。飲水量は食事に含まれる水分や気候、生活環境によっても変わってくるので、数字はあくまでも目安として考えてくださいね。 多飲多尿が現れる病気は、慢性腎不全、糖尿病、子宮蓄膿症など色々考えられます。ご相談者様の愛猫は13歳という高齢です。腎不全をはじめ、多くの病気にかかりやすい年齢になっていますので、少しでも「おかしいな」と感じたら、動物病院の診察を受けてくださいね。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。