「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

部位から探す > 泌尿器官
腎不全で毎日点滴が必要です。家で点滴をしたいのですが、かかりつけの動物病院では対応してくれません。どうしたらいいでしょうか。

ミックス | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

腎不全の治療方法は、猫の容態と血液検査の結果を合わせて決めます。 猫の容態で大切なのは、食欲と脱水の状態です。 毎日の点滴が必要となるのは、食事ができないときや重度の脱水症状が見られるときです。このような場合、快方へ向かっていることが確認できるまでは、いつ急変して症状が悪化するかわからない状態ですので、自宅での治療は難しいと判断する獣医師は少なくありません。毎日の点滴を続けて、食欲や脱水が改善され、血液検査値も正常値に近づいてくると、点滴の回数が減ってきます。猫の状態がほぼ安定してくれば自宅での点滴治療ができるようになってくるのではないかと思います。 でも、毎日動物病院へ通うのは大変ですね。今、愛猫がどのような状態なのか、毎日通院する以外に方法はないのか、担当の獣医師とよく話し合ってくださいね。どうしても納得ができない場合は、他の動物病院で相談してみてもよいのではないかと思います。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。