「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

症状から探す > 口・歯の異常、症状 > 歯が抜ける
7歳のミックスです。3日前にはあったはずの下の犬歯がなくなっています。普段通りごはんを食べていますが動物病院に連れて行くべきでしょうか。

ミックス | 6歳9カ月 | ♀

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

犬歯は根が深く、出ている部分と同じくらいの長さの根っこを持っています。抜けてしまった場合はかなり大きな穴が開き、細菌感染を引き起こすことがあるため、抗生剤を服用したり、消毒する必要があります。 また、途中で折れてしまっている場合は歯の中心部の歯髄が露出してしまうことがあります。歯髄は歯の神経や血管が集まり、歯に栄養を供給する部分です。口の中にはたくさんの細菌がいますので、歯髄を露出したままにしておくと感染により歯髄炎をおこし、強い痛みの症状がでることがあります。 この場合は全身麻酔下での抜歯が必要です。抗生剤を服用することで歯髄炎を予防することが可能です。早めにかかりつけの動物病院に連れて行くことをおすすめします。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。