「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

部位から探す > 泌尿器官
今年17歳になりました。先日、動物病院で腎臓が悪いといわれました。家でできることはありますか。

… | 17歳0カ月 | ♀

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

腎不全は猫にとても多い病気です。ご相談者様の愛猫は17歳になるまで腎不全の大きな症状も出ずに過ごされてきたとのこと、とても素晴らしいことだと思います。 腎不全の愛猫におうちでしてあげられることですね、まず日々の食欲、元気、排泄の状態をよく観察しましょう。悪化すると吐き気の症状が出ることがあります。何か変化がある際は必ず主治医に相談しましょう。 食餌はタンパク質や塩分を控える必要がありますので処方食に切り替えましょう。おやつなども基本的には与えないほうがいいでしょう。腎不全では多飲多尿といってたくさん飲みたがり、たくさんの尿を出します。脱水もしやすいため常に新鮮な水を飲むことができるようにしてあげましょう。 寒さや急激な気温の変化は身体にこたえます。冬は暖かく過ごせるようにお部屋を整えてあげましょう。こたつは脱水のリスクがあるためおすすめはできません。どうしても入りたがる場合は電源を切り、こまめに換気してください。夏は暑さで脱水をしやすいため風通しをよくし、涼しく過ごせるようにしましょう。寒さに弱いため、冷房を使う際は高めに温度設定をしてください。 また、季節の変わり目も注意が必要です。暖まることができる場所は用意しておきましょう。 色々お伝えいたしましたがあまり心配しすぎてしまうと、ご相談者様だけでなく愛猫にとってもストレスになってしまいます。普段通りゆったりと過ごすことができれば、それが一番です。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。