「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

症状から探す > 口・歯の異常、症状 > 歯が抜ける
11歳のミックスです。先ほどフードを食べているときに歯肉ごと歯が抜けてしまいました。どうしたらいいでしょう。

ミックス | 11歳11カ月 | ♀

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

ご相談者様の愛猫は11歳とご高齢ゆえ、おそらく歯周病が悪化していたのだと思います。歯周病では歯の周りや歯と歯肉の隙間に歯垢や歯石が蓄積することにより歯肉に細菌感染や炎症がおこり、歯肉が後退してしまいます。それにより歯がぐらぐらな状態になり、歯が抜けやすくなってしまいます。状態によっては出血が多いこともありますし、そのままにしておくと感染や炎症を引き起こす可能性がありますのでなるべく早めにかかりつけの動物病院で診察を受けましょう。また、猫は食べ物を丸飲みして胃で消化するため歯がなくてもドライフードを消化することはできます。しかし、歯が抜けてしまった部分の状態によっては一時的にフードを変える必要がある場合もありますので、受診する際獣医師に相談してみましょう。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。