「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

症状から探す > 口・歯の異常、症状 > 口臭がする
8歳のメス猫です。最近口臭がひどくなってきました。考えられる病気を教えてください。

ミックス | 6歳11カ月 | ♀

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

ご相談者様の愛猫は8歳とのこと、最近口臭がひどくなってきたのでしょうか。口臭の症状があり、猫によくみられる病気のひとつに口内炎があげられます。人の口内炎と異なり、猫ちゃんにとってのこの病気は治療が難しく、命にかかわる場合もある厄介な病気です。はっきりとした原因は解明されていませんが、引き起こす要因としてあげられるのは、歯垢や歯石により繁殖した細菌による炎症、猫白血病ウイルスや猫エイズウイルスに感染することによる免疫力の低下、猫カリシウイルスや猫ヘルペスウイルスの感染、口の中の傷、栄養不良、腎臓病や糖尿病などです。口内炎は、はっきりとした原因が分からないケースや、原因がひとつだけでなく複数あるケースも見られ、難治性の病気です。症状は口の中や歯茎が真っ赤にただれる、血混じりのよだれをたらす、口臭などがみられ、ひどくなるとものを食べたときなどに口の周りをかきむしる、痛みで叫ぶ、食欲不振などの症状が見られます。治療は対症療法といって、表面上の症状の消失や緩和を目的とする治療や、原因となっている病気の治療になります。口内炎の治療は消毒液を使った洗浄、抗生物質や消炎剤の使用、免疫力を調節するインターフェロン注射、免疫力を高めたり消炎効果のあるサプリメントの使用、歯石の除去や抜歯、炎症部分にレーザーをあてる治療法などがあり、複数の治療を組み合わせて行うこともあります。放っておくと悪化して治療が難しくなってしまいますので、早めに動物病院で診察を受けられることをおすすめします。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。