「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

部位から探す > 泌尿器官
膀胱炎の治療をしています。お水はたくさん飲ませるようにいわれましたが、どのようにしたら飲んでくれますか。

… | 1歳5カ月 | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

膀胱炎は猫にとても多く、特に寒くなってくると発症することが多い病気です。寒い時期は飲水量が少なくなるため尿量が減り、尿が濃くなり、尿を膀胱の中にためがちになることが原因となります。膀胱炎の治療には消炎剤や抗生剤が処方されますが、たくさんお水を飲み、たくさん尿を出すことも大切な治療のひとつです。とはいっても猫にお水を飲ませるのは難しいですよね。方法としては、運動量を増やすことがあげられます。おもちゃなどで遊ぶ時間を増やしてあげましょう。また、ドライフードを食べている猫の場合はフードに水を混ぜたり、一時的にドライフードからウエットフードに切り替えてあげることも有効です。飲み水に味付けをするのもいいかもしれません。ほんのわずかの顆粒だしを混ぜたり、魚の缶詰の汁を混ぜると好んで飲んでくれる猫もいるようです。与えすぎると健康を損ねることもありますので、くれぐれも混ぜる量はほんの少量にしてくださいね。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。