「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方 > 多頭飼い
4匹の兄弟猫を保護。その10日前に保護した猫がFIV陽性でした。かかりつけの獣医師にFIVのワクチンをすすめられましたが、打ったほうがいいですか。

ミックス | 1歳10カ月 | …

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

もし一緒に今後飼っていかれるのであれば、あとから保護された4匹の猫たちにはFIVワクチンを接種することをおすすめいたします。しかし、ワクチンを接種すれば必ず感染を防ぐことができるというわけではありませんので、先に保護した猫との接触のさせ方に注意することも必要になると思います。 FIVウイルスは感染しにくいウイルスではありますが、お互いにグルーミングをしたり、ケンカや交尾などをするような関係では感染する可能性が高くなります。新たに保護された猫たちのウイルスチェックもしっかり行い、今後の管理の仕方をしっかり決めていきましょう。今後の方針が決まるまでは、猫同士を近づけないようにしておくほうがよいでしょう。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。