「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方 > 食事 > 食事の与え方
水を飲んでくれないので、スープなどを食後に無理に飲ませているのですが、他によい方法はないでしょうか。

ロシアンブルー | 2歳2カ月 | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

猫に水を飲むようにしむけるのは難しく、猫の様子を見ながら色々試して、方法を探していかなくてはならない場合が多いようです。 現在ドライフードを食べているようでしたら、缶詰などのウエットフードにすると、食事と一緒に水分を取れるようになります。ドライフードが含む水分量が5〜10パーセントに対して、ウエットフードは75〜80パーセントになっていますので、ウエットフードを食べるとかなり水分を補えることになりますね。 水にこだわりを持つ猫には色々な水を与えてみてください。新鮮な冷たい水、溜まり水のようなぬるい水、市販のボトルの水や浄水器の水など、猫によっては飲みやすい水と飲みにくい水があるようです。可能であれば色々試してみてくださいね。 また、水を入れる器はどうでしょうか。ヒゲが食器にあたると食事や飲水をやめてしまう猫がいます。食器の縁にヒゲが当たらないような広い食器に変えてあげるのも1つの方法です。器の素材もプラスチックや陶器、ステンレスなどこだわりを持つ猫がいます。食器の素材を変えてみるのもよいかもしれません。 水が飲みやすい場所に器が置いてあるかどうかも確認してみてくださいね。トイレが近かったり、芳香剤が近くにあると、においが気になって器に近づかなくなることがあります。 器に入れた水より流水が好きな猫もいます。洗面所などの水道から少しだけ水を流して試してみてください。興味を持つようでしたら、市販の流水型自動給水器を利用するのもよいかもしれませんね。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。