「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

しつけ > 逃げる/脱走する
愛猫がベランダの手すりからどこかに行ってしまったようです。どのように探せはいいでしょうか。

ミックス | 5歳10カ月 | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

室内で飼われている猫が脱走した場合、そんなに遠くへ行きません。家から半径300mから500mくらいの範囲にいるといわれています。しかし、昼間は人通りが多かったり、車が多いため、身を隠して出てこられないことが多いようです。夜になってから探したほうが見つかる率が高いようです。 猫は耳がよいので、大きな声で名前を呼ぶ必要はありません。いつもの優しい声で呼んであげてください。おやつやおもちゃを用意して誘いだしてあげましょう。 姿を見せても慌てずに、愛猫自身から近づいてきたり、お腹を見せてくるのを待ってあげてください。外では、飼い主さんに対しても警戒心を持ち、急に近づいたり、大きな声をかけると逃げてしまうことがあります。キャリーバッグに餌を入れて入るのを待ってもよいでしょう。 また、脱走しても空腹時やトイレに入りたくなれば、自分から戻ってくる猫も多いです。いつでも家に入れるようにしておいてあげてくださいね。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。