「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方 > 健康管理
特発性腎出血と診断されました。定期的な検査とはどのくらいの頻度でしたらいいのでしょうか。

ミックス | 1歳3カ月 | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

「特発性」とは原因がわからないという意味に使われます。 特発性腎出血は、腎臓から尿路へ原因のわからない出血が起こり、おしっこが真っ赤になる病気です。多くの場合、真っ赤な血尿が出るという以外の症状はなく、血尿は数日で自然に消失します。治療は、安静を心がけて、経過を観察します。出血が長引いたり繰り返す場合は、止血剤や抗アレルギー剤などが使われます。 今回、ご相談者様の愛猫は、定期的に検査をするようにすすめられたのですね。経過観察のための検査と思われますので、内服薬が出されている場合は、薬が飲み終わるときに検査を受けてください。薬の処方が無い場合は、血尿が目で確認できなくなる1週間から2週間後くらいで検査を受ければよいと思いますが、詳しい検査日は動物病院で確認してくださいね。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。