「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方 > 美容・トリミング > シャンプー
猫にシャンプー・歯磨き・ブラッシングはするべきでしょうか。

アメリカンショートヘア | 1歳8カ月 | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

シャンプーは、猫に合わせて、するかしないかを選んであげてもよいと思います。室内で飼育されていれば、それほど汚れることはないので、ブラッシングだけでも被毛や皮膚の清潔や健康を保てます。濡れるのを嫌がる猫も多いので、シャンプーがストレスになることもあります。 歯磨きとブラッシングはできるだけしてあげてください。 歯磨きは歯周病の予防になります。現在、飼育されている3歳以上の猫の8割が歯周病にかかっているといわれています。歯周病にかかっている猫は、体力がなくなったり、高齢になると、症状が悪化し、歯肉炎や口内炎が起こります。すると食欲がなくなり、ますます体力がなくなり、歯肉炎や口内炎が治りにくくなるという悪循環になってしまいます。 ブラッシングは、毛をとかして見た目を整えるだけでなく、ほこりや汚れを取り除いて体を清潔にします。皮膚をマッサージして血行をよくする効果もあります。換毛期の時期は、抜け毛を取り除いて、毛玉による嘔吐の予防にもなります。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。