「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方 > 多頭飼い
アメリカンショートヘアを飼っています。新しく野良猫を保護しました。これから動物病院に連れて行きますが、最低限必要な処置や検査を教えてください。

アメリカンショートヘアー | 5歳0カ月 | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

まず必要な処置は、ノミダニの駆除と虫下しです。大半の野良猫にはノミが寄生していますし、寄生虫に感染している可能性が高いです。愛猫への感染のリスクが高く、人間にも感染する可能性があるため必ず処置しましょう。念のため便検査もお受けください。また、猫エイズと猫白血病の検査も必要です。しかしどちらのウイルスも感染してから1カ月以上経たないと検査での検出ができません。今回の検査で陰性だったとしても、1カ月以上あけてからもう一度検査をする必要があります。そのため同居猫がいない場合は保護してから1カ月以上経ってからの検査でいいと思いますが、同居猫がいて接触する可能性がある場合は念のため検査をしたほうがいいと思います。また、子猫の場合は母猫からの移行抗体により小さい頃の検査結果が陽性でもその後陰性になることがあります。そのため、生後6カ月以降に再検査をして確認をする必要があります。保護猫の健康状態がよければ、ワクチン接種をしましょう。猫風邪がひどい場合など健康状態がよくない場合は治療を優先し、症状が落ち着いてからの接種にしましょう。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。