「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方 > 健康管理
7カ月のミックスです。皮膚炎がひどく、全身麻酔で皮膚生検をするといわれましたが、体調も悪く気がすすみません。どうしたらいいでしょう。

ミックス | 0歳7カ月 | …

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

猫の皮膚病の治療は、病変や無麻酔でできる検査や投薬による反応を見ながら進めていきます。しかし、そういった検査や投薬をしても改善が見られない場合や再発を繰り返す場合、一番的確に皮膚の状況を診断できるのが皮膚生検です。しかし人間と違い猫に行う場合は全身麻酔で体を不動化させる必要があります。生検だけであれば麻酔時間は短時間だと思いますが、体調が悪いとのこと、ご心配ですよね。おそらく麻酔をかける際には事前に血液検査をされると思います。体調不良の原因が皮膚からのものなのか、そうでないかの判断の指標にはなると思いますので血液検査をお受けいただき、状態を確認されるのはいかかでしょうか。その検査結果をふまえ、今一度かかりつけの獣医師とご相談されることをおすすめします。ご納得されいい方向に治療がすすむよう、お祈りいたします。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。