「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

しつけ > カーミングシグナル/行動心理
動物病院につれて行きたいが警戒心が強く捕まえられなくて困っています。

ミックス | 0歳10カ月 | ♀

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

ほとんどの猫は、動物病院があまり好きではありません。一度動物病院やキャリーケースに対して警戒心を持った猫は動物病院へ行くという準備を察知して、警戒して、捕まえるのが難しくなってしまいます。また、愛猫が嫌がるので、ご相談者様も捕まえるのに必死になってしまい、それがまた愛猫の警戒心を強めてしまい、余計に悪循環になっているのだと思います。 ご相談者様の愛猫のように、猫を捕まえるのが難しい場合には、バスタオルを用意してもらい、何気なく猫に近寄り、さっとバスタオルを猫の全身を覆うように被せて、大きめの洗濯ネットやキャリーケースに入れるという方法を試してみるといいかもしれません。 また普段から、キャリーケースに慣らしておくのがおすすめです。慣らし方としては、まずキャリーケースの中にその猫ちゃんのにおいのするタオルなどを用意して中に敷いてください。それから屋根部分が外れるようなケースであれば、屋根を取り外し、ケース内におやつをおき、猫が自然に出入りするのを待ちます。これができるようになったら、屋根をとりつけ、扉を開けた状態で、同様におやつを置いていただき、猫がまた自然に出入りするのを待ちます。これができるようになったら、ケース内におやつをばらまいたり、ごはんを置くなどして、猫が食べている間、扉を閉めてみます。最初はごく短時間にして、徐々に扉を閉めている時間を延ばすようにしましょう。 また常にキャリーケースを置いておくことで、「キャリーケース=動物病院」というイメージをなくし、キャリーケースによいイメージがつくことで、キャリーケースに自然に中に入ってくれるようになります。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。