「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方 > 肥満/ダイエット
8歳になる猫です。体重が増えすぎてしまったので、ダイエットを考えています。

ミックス | 8歳10カ月 | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

ご相談者様の愛猫は体重が増えすぎてしまったのですね。体重が増えてしまうと、すぐに体の不調が出てくるわけではないですが、高齢になってくるにつれ、糖尿病や心臓病などのさまざまな病気のリスクが上がったり、関節の痛みで歩行が困難になるというケースもあります。 ご相談者様のように、愛猫の体重が増えすぎてしまったと感じたら、ダイエットされることをおすすめします。まず愛猫の体重を量り、目標とする体重を設定します。そして、おやつなどの間食を含めた1日の食事量を把握するようにしましょう。そして、1日の食事の総量を5パーセントくらいずつ徐々に減らしていきましょう。急に減らしてしまうと、猫が耐えられず、要求が激しくなり、根負けしてあげてしまいがちです。 また食事の回数は食事時間が同間隔にならなくても構いませんので、1日3〜4回と食事の回数を多めにあげていただくといいでしょう。食事の回数を多くする代わりに、どんなに愛猫が食事を要求してきても、心を鬼にして、絶対にあげないでくださいね。上記の方法でも、なかなか体重が減らない場合には、かかりつけの獣医師にご相談ください。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。