「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方 > 食事 > 食事の与え方
フードの保存のためにシリカゲルを入れていますが、問題ないですか。

ミックス | 2歳10カ月 | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

はい。大丈夫です。フードは一度開封してしまうと、酸化が始まり、時間とともに悪くなってしまいます。悪くなったフードは猫の体に悪いのは当然ですが、品質的に悪くなる前でも、フードが酸化することにより、フードの風味やにおいが変わってしまい、猫の食いつきが悪くなることもありますので、ご相談者様のようにシリカゲルなどを使用して保存していただくのもひとつです。その際は、密封容器にフードをパッケージごと保存し、その容器内にシリカゲルを入れていただくといいでしょう。またシリカゲルを使用する際は、愛猫がシリカゲルを誤食することがないように気をつけてくださいね。しかし、万一シリカゲルを誤食してしまっても、シリカゲルは全身への毒性がほとんどなく、体に吸収されない物質ですので、大量に食べない限りそれほど大きな問題にはなりません。しかし、まれに口や食道にシリカゲルが長時間くっついてしまうことにより、そこで炎症をおこしてしまうことがあります。万一、誤食してしまったら、たくさん水を飲ませるか、缶づめなどのウエットフードを食べさせて、流し込むようにしましょう。このような方法で保存しても開封後は、できる限り、1カ月程度で使い切るようにしてくださいね。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。