「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方 > 健康管理
トイレに吐いた跡がありました。

ミックス | 4歳10カ月 | ♀

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

ご相談者様の愛猫が、吐いてしまったと思われる跡がトイレにあったのですね。いつも吐くときはトイレで吐くことが多いという猫もいますが、普段はトイレ以外の場所で吐くことが多い猫であれば、排便や排尿に伴う吐き気の可能性があります。たとえば、便秘で便が出ずにいきんでいたところ、気持ちが悪くて吐いてしまった、尿石症などで尿が出づらい状態で、吐き気を伴って、吐いてしまったなどが考えられます。トイレの便や尿の状態をよく確認してみましょう。もし、上記のような原因で吐いてしまっている場合は、食欲も低下しているはずです。そのような状況でしたら、早急に動物病院へ連れていくようにしましょう。ご相談者様の愛猫が普段から、わりとトイレで吐くことがある猫であれば、元気、食欲があり、吐いた跡がそれのみということでしたら、数日様子をみてもいいでしょう。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。