「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方 > 多頭飼い
突然、同居猫を警戒するようになったのですが、何が原因でしょうか。どのように対処したらいいでしょう。

ミックス | 5歳10カ月 | C

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

突然、同居猫を警戒するようになったのですね。このようなケースで多いのは動物病院へ行ったなど、ご相談者様の愛猫が嫌がり、警戒するようなにおいをつけて帰ってきたというようなことがあった、環境に変化があり、ご相談者様の愛猫にストレスが高まるようなことがあったなどの原因があることが多いです。 何かお心当たりはございますか? まずは同居猫がストレスを感じるものがあるようでしたら、そのストレスを取り除いてあげるようにしてください。同居猫の警戒が激しい場合は、しばらくの間、2頭を別の部屋にわけていただき、トイレや食事する場所を別にするといいでしょう。そして、ご相談者様の愛猫のにおいの付いたタオルなどを用意していただき、同居猫が食事する際にそのタオルを敷き、ご相談者様の愛猫のにおいに対してよいイメージをつけさせます。においに慣れたら、同居猫にご相談者様の愛猫を近づけてみて、おやつをあげます。このようにご相談者様の愛猫に対してよいイメージをつけながら、徐々に距離を近づけていくようにすると、警戒心がなくなっていきます。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。