「ブルーバッファロー」きみは家族 藤原さん一家 インタビュー BLUE愛犬は、心が通じ合うわかり合える、大切な家族 RANKING 「まいにちいぬのきもち」100万人アプリユーザーが選んだいぬのきもち人気ランキング 2017 人気急上昇のフードブランド部門 第1位 いぬのきもち ※購入しているフードブランド昨年から26位ランクアップ 出典:まいにちいぬのきもちアプリユーザー調査 2017年1月実施

2頭のプードルと暮らすファミリー、藤本さん一家。
愛犬とのおしゃれな空間を作るのは、妻で母でもあるスタイリストの暁美さん。
素敵な愛犬との暮らしをについてお話しをうかがいました。

左から藤本玄太さん、マロンくん(オス・7才/トイ・プードル)、花ちゃん、くるみちゃん(メス・5才/トイ・プードル)、暁美さん

夫の藤本玄太さんは親子カフェを経営、妻の暁美さんは、ひよこクラブなどの雑誌、広告撮影、イベントなどで、インテリアスタイリストとして活躍。趣味のDIYで、一人娘の花ちゃんと部屋の模様替えをこまめに行ない、インテリアと愛犬の写真をインスタグラムにアップしています。

愛犬がそばにいるだけで やすらぎの空間に

 スタイリストの藤本暁美さんは、夫の玄太さん、一人娘の花ちゃんと、2頭のプードル、マロンくんとくるみちゃんと暮らしています。家のインテリアや愛犬たちの洋服まで手作りでおしゃれにコーディネートすることが趣味で、その様子を写真に撮ってアップしているSNSでは「素敵!」と友人、知人たちからも大絶賛されるほど。そんな暁美さんが愛犬と暮らすようになったのは7年前からのことでした。
「一軒家への引越しを機に、ひと目惚れしたマロンをすぐにわが家へ。その2年後、2頭目は『くるみ』という名前に決めていたら、譲ってくれるというお宅で見せてもらったプードルが偶然『くるみ』という名前で、これが運命的な出会いになりました。一緒に暮らして、つくづく思うのは、愛犬とは心が通じ合っていることですね。体調が悪い時、そっと寄り添ってくれたり、夫の帰りが遅く不安な時には家を守ってくれてるのがわかります。マロンは、花が6歳の頃から寝かしつけるのが習慣で、今でも毎日続けているんです。家族の誰もが、マロンやくるみがそばにいるだけで安心感があります」
 家族それぞれが、愛犬とお散歩する日が決まっていて、散歩のたびに家族の絆を強めているそうです。

パンダのぬいぐるみが大好きなマロンくん。くわえたまま寝るようになってしまったそうです。

ママの暁美さんが
大好きなくるみちゃん。
ちょっと離れるだけで
後を追いかけるほど。

マロンくんを間に
娘の花ちゃんと夫の玄太さん。
最近は、家族と愛犬を一緒に
撮ることが増えたそう。

愛犬の健康のためにフード選びは厳しい目を持って

 インテリアにこだわる藤本さんは、愛犬のフードもこだわりを持って選んでいます。ブルーバッファローのフードに切り替えたのは、ちょうど半年前だとか。
「7年前にマロンを迎え入れた頃は、ドッグフードにこだわっていなかったのですが、食べるものは大切だなと感じるようになって、ナチュラルフードになりました。そして、半年前に友人から『成分にこだわっているフードだよ』と薦められたブルーを試したら、食の細いくるみもしっかり食べてくれたんです。それから半年、うれしいことが! くるみは子犬の頃から、尻尾の毛が少ないのが悩みだったんですけど、気がついたら、あれ?フサフサしてきた?って(笑)。これには家族みんなで驚きました。とくに生活の変化もないので、ブルーのおかげだとしか考えられなくて…。そして、お腹が弱いマロンはとってもいい状態をキープできているんですよ。ドッグフードでここまで実感できたことがなかったので、それ以来、わが家のドッグフードはブルーと決めています」

※個人の感想です

ブルーが支持される理由は

抗酸化に着目した独自の栄養素ブレンド 「ライフソースTMビッツ」

ブルーは2種類の粒がブレンドされたユニークなフード。高品質な生肉を主原料としたおいしくて栄養価の高いベースキブルに加えて、独自開発の色の濃い粒「ライフソース™ビッツ」を配合しています。抗酸化成分たっぷりの7種類の野菜とフルーツを低温製法によって凝縮し、愛犬本来の免疫力維持をサポートします。

ブルーが大好きなマロンくん(左)、
くるみちゃん(右)は、「待て!」に
待ちきれない様子。

「よし!」の声で、食べ始めました。勢いよく食べて、あっという間に完食です。

今ではフサフサしっぽの
くるみちゃん。
これもブルーを
おいしく食べている証。

大きなクッションの上が、
2頭のお気に入りの場所。
仲良く並んだり、
ときどきじゃれ合ったり。

ブルーバッファローは、家族である 愛犬の健康にこだわるフード

ビショップ家に迷い込み、家族になった1頭の犬ブルーのガンをきっかけに、会社を設立、やがて全米で自然派フードのトップブランドへと成長した「ブルーバッファロー」。その背景には、〝大切な家族だから、体にいいものを食べさせたい〟という創業者の想いがあります。愛犬とペットペアレンツの絆が形となったフード、それがブルーバッファローです。

  • くるみちゃん
    愛用フード

  • マロンくん
    愛用フード

ブルーバッファローは、自然素材にこだわり、高品質の生肉が主原料。コーン・小麦・大豆は使用していません。愛犬の健康とペットペアレンツの満足度に配慮した高品質の自然派なフードです。

(右)ブルー ライフプロテクション・フォーミュラ™
高齢犬用・(超)小型犬 チキン&玄米レシピ
800g 1,782円/1.75kg 3,294円
(左)ブルー ライフプロテクション・フォーミュラ™
成犬用・(超)小型犬 チキン&玄米レシピ
900g 1,880円/2kg 3,446円 (各税込)(参考価格)

*米国GfK調べ。2017年1月までの年間累計の販売金額ベース

お問い合わせ/ブルーバッファロー・ジャパン(株)
お客様相談室 0120-888-160
(月曜~金曜日10:00~12:30、13:30~17:00、夏季・冬季休業、土・日・祝日を除く)

http://bluebuffalo.jp