「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

ロゴ:いぬのきもちねこのきもち

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


記事詳細(ニュース記事作成用)

暑さ対策が必須!熱中症になりやすい犬の特徴7つ
ハスキー

犬は人間に比べて暑さや湿度に弱い生き物。高温・多湿にさらされると体温のコントロール機能が失われ、みるみるうちに体温が上がってしまいます。


人の感覚で大丈夫と思っても、犬の体には負担になっていることも。愛犬を生命の危機に陥らせてしまわないよう、前もって理解しておくことが大切です。


では、どのような犬がとくに暑さ・多湿に弱いのでしょうか?
ここでは、「とくに熱中症になりやすい犬」の7つの特徴を紹介します。

【1】シニア犬


シニア犬は老化で体内の循環が悪くなっているうえに、生理機能が衰え、体温調節がうまくできないことがあります。



【2】大型犬


大型犬は肺が大きく、熱い空気が体内にたまりやすい傾向があります。また、夏でも運動量が多い点も、熱中症の原因に。



【3】短頭種


パグやフレンチ・ブルドッグなどの短頭種は、気道が狭いため呼吸がしづらい犬種です。もともとハアハアしがちで、体温調節が苦手な犬が多いのでご注意を。



【4】寒い地方が原産の犬


シベリアン・ハスキーなどの寒い地方が原産の犬は、寒さから身を守るため被毛が密に生えています。そのため熱がこもっても逃がしにくく、暑さに弱い子も多いのです。



【5】持病がある犬


持病がある犬は、健康な犬よりも呼吸器機能が低下していることが多く、体温調節がスムーズにできない傾向にあります。



【6】肥満の犬


肥満気味の犬は、皮下脂肪が原因で熱の発散がしにくい傾向に。また、首周りの脂肪が原因で呼吸しにくいことも。



【7】完全室内飼いの犬


快適な温度や湿度に保たれた部屋で生活する犬は、その環境に慣れてしまっているために、暑さに弱い子も多いようです。


えさを欲しがる犬

以上が、「とくに熱中症になりやすい犬」の特徴です。これらの犬の飼い主さんは、より注意して暑さ対策を心がけるようにしましょう!

出典/「いぬのきもち」2016年7月号『少しの油断が命とりになるから知っておいて 本当に怖い熱中症の真実』
文/サモ江戸

無料LINEスタンプ配信スタート!!

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・年代別解説 毎日/毎月のwチェックで健康を守ろう
  • ・冬でも危険!? ノミ・ダニのいない部屋作り
  • ・2018年は祝★戌年!

  • ・愛犬のお留守番
  • ・愛犬のポカポカ冬支度

  • ・多頭飼いで幸せになる人、不幸になる人
  • ・「免疫力」を引き出す 役立つ4つの習慣


 topics|もっと!いぬのきもち

バックナンバー

いぬねこ連載
もっと見る

[PR]


10:00:00 暑さ対策が必須!熱中症になりやすい犬の特徴7つ nvodft0000004lbe 記事 いぬ nvodft0000004lbe-img/schtik02_201705_132.png 1 犬は人間に比べて暑さや湿度に弱い生き物。高温・多湿にさらされると体温のコントロール機能が失われ、みるみるうちに体温が上がってしまいます。人の感覚で大丈夫と思っても、犬の体には負担になっていることも。愛犬を生命の危機に陥らせてしまわないよう、前もって理解しておくことが大切です。では、どんな犬がとくに暑さ・多湿に弱いのでしょうか? ここでは、「とくに熱中症になりやすい犬」の7つの特徴を紹介します。 シニア犬、大型犬、短頭種……熱中症になりやすい犬の特徴を解説! schtik;病気・健康
facebook
twitter