「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

ロゴ:いぬのきもちねこのきもち

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


記事詳細(ニュース記事作成用)

暑い夏のお散歩は愛犬にとって命の危険につながることも…夏の散歩で注意することは?


暑い夏のお散歩は愛犬にとって命の危険につながることも…夏の散歩で注意することは?


暑い夏のお散歩は愛犬にとって命の危険につながることがあります。
しかし、散歩に行かないとストレスがたまってしまう犬も多いものです。

連日猛暑が続く場合には、特に注意し、愛犬の体調を見ながらお散歩に行くようにしましょう。


犬の体調に合わせること



夏は、犬も夏バテをして、体調を崩してしまうことがあります。また、外はもちろん、お部屋の中でも熱中症になる危険があります。
普段から、愛犬の体調管理に注意して、長時間のお散歩は避けるようにしましょう。

また、夏バテによって体力や食欲が減退してしまうこともあります。普段から栄養管理も注意しましょう。

もちろん、気温の変化にも注意しなくてはいけません。
お部屋の中はエアコンで快適な温度が保たれていても外に出ると猛烈な暑さ、その気温差だけで体調を崩してしまいます。特に持病を持っている場合は注意するようにしましょう。

夏のお散歩は様々な場所で感染症のリスクがあります。特に蚊を媒介して感染するフィラリアには注意したいものです。
また、ノミやダニ対策、フィラリア予防、腸内寄生虫の感染など感染症に十分注意し、適切な薬を服用しておきましょう。


時間帯を考えること



夏のお散歩は、お散歩に出る時間帯にも注意しましょう。日中の炎天下のアスファルトの上を歩くと、あっと言う間に犬の肉球はやけどしてしまいます。
それもそのはず、真夏のアスファルトは50~60℃にもなり、さらに反射熱も受けます。

夏場は夕方になってもこの暑さが続くことが多く、お散歩に行く時間帯としては、早朝が最適です。
日が完全に昇るまでの5時から6時くらいがよいですが、毎日の早起きは大変なものです。
夜に散歩に行く場合は、日が沈んでからアスファルトを触って様子をみながら行く、日陰がもともと多い場所を選ぶなど時間帯とコースを十分考えるようにしましょう。


水分補給をこまめに



夏のお散歩では、水分補給もこまめに行いましょう。外で使えるボトルや折り畳み式のお皿、カップなども多く販売されています。
愛犬のお散歩の途中で休憩を入れて、水分補給させることも大切です。

お散歩に行く前や後でも、お水を飲ませるようにしましょう。お水を一気にがぶ飲みすると、吐いてしまったり、かえって夏バテを悪化させてしまうこともあります。
少しずつこまめに水分補給をするようにしましょう。


体を冷やす工夫



お散歩の際に、体を冷やす効果がある服を着せてあげることもよいでしょう。
散歩に行く前に水にひたして、絞るだけでひんやり感が長持ちします。熱を帯びてしまう前に、着せてから散歩に出るとよいでしょう。
もちろん、着せっぱなしは衛生的によくありません。また、毛玉やもつれは、熱を逃がしにくくしてしまいます。洗って乾かすようにしましょう。

散歩の途中で愛犬が暑そうにしていたら、体をペットボトルの水や保冷剤で冷やしてあげるとよいでしょう。
人間と同様に血液の流れが集中しているところを冷やしてあげると効果的です。喉のあたり、脇の下、そけい部を冷やしてあげるとよいでしょう。

もちろん、水があるところで、愛犬が水遊びが好きなら、一緒に遊んで帰ってくる特別なお散歩タイムにしてあげてもよいでしょう。
ただし、無理をせずに早めに切り上げて、涼しい家で休ませることが熱中症対策には一番です。



お散歩後のケア



お散歩の後は、体を冷やしながら愛犬のボディチェックと体調チェックをするようにしましょう。
肉球にやけどの跡がないか、皮がめくれてしまっていたり傷跡がないかもしっかりチェックしましょう。

水分補給をしてから、涼しい部屋で休ませるようにしましょう。もし、呼吸が荒いまま、嘔吐がある、ぐったりしている、なんらかの症状がある場合は、体を冷やしながらすぐに動物病院に連絡しましょう。特に高齢犬は注意が必要です。

お散歩から帰ってきた後も、しばらく一緒に過ごし、愛犬の体調に異常がないかチェックしてあげるようにしましょう。


まとめ



犬は散歩が大好きで夏も散歩に行きたがる場合も多いです。しかし、体調をよく見ること、時間帯を考えることなどに注意しなくては、重篤な熱中症にかかってしまい、命の危険にさらすことになってしまいます。
愛犬がハァハァと呼吸をしていたら、早めに切り上げるようにしましょう。

文/ペットシッター 山川歩夏



無料LINEスタンプ配信スタート!!

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・健康寿命を延ばす秘訣とは?
  • ・コツコツほけの秘密を知ろう!
  • ・11/1は犬の日 プレゼントbookを作ろう

  • ・子犬のリアル成長レポート
  • ・愛犬にピッタリグッズ
  • ・ひとり遊び上手にできる?

  • ・もっと楽しめる!スゴい先輩教えて!
  • ・ミニマリストと犬の暮らし


 topics|もっと!いぬのきもち

バックナンバー

いぬねこ連載
もっと見る

[PR]


10:00:00 暑い夏のお散歩は愛犬にとって命の危険につながることも…夏の散歩で注意することは? mp1h7c0000001l8y コラム いぬ mp1h7c0000001l8y-img/mp1h7c0000001l99.jpg 1 暑い夏のお散歩は愛犬にとって命の危険につながることも…夏の散歩で注意することは? 暑い夏のお散歩は愛犬にとって命の危険につながることも…夏の散歩で注意することは? 病気・健康
facebook
twitter