「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

ロゴ:いぬのきもちねこのきもち

記事詳細(ニュース記事作成用)

いぬのきもち編集室便り 『人生はセカンド・チャンス! 映画『犬に名前をつける日』』

こんにちは。いつも動物と音楽に癒されている『いぬのきもち』編集室のHです。

今日は、おすすめの映画のお話をします。その映画とは山田あかね監督の『犬に名前をつける日』。



2010年愛犬のゴールデン・レトリーバーを病気で亡くした山田あかね監督が、「犬の命」をテーマに約4年間にわたり取材し、撮りためた映像200時間をもとに作り上げたドキュメンタリー映画です。

なんらかの理由で元の飼い主を失い「動物愛護センター」に一定期間保護されている保護犬、東日本大震災で福島の原発20キロ圏内にやむをえず置き去りにされてしまった犬や猫(そして牛)、そして、こうした飼い主のいない犬や猫たちの命をひとつでも救おうとする人たちの姿が描かれています。

この映画が、ひと味違うのは、純然たるドキュメンタリーに、映画を制作する側(=監督)を主人公としたドラマ仕立てのフィクション(とはいえ事実に基づく)が加えられている点です。いわば監督自身が、この映画を作りながら考えたことや感じたこと、その気持ちの揺れもまた描いているのです。監督役を演じているのは小林聡美さん。ドラマとはいえ、実際の保護現場へ赴いての撮影とあって、リアルな空気がひしひしと伝わってきます。

保護犬が、多くの人たちの助力によって、元の飼い主と再会したり、新しい飼い主さんに出会ったりしていくように、監督もまた映画を作りながら、愛犬を失くしたペットロス状態から新しい人生の一歩を踏み出していきます。人生はワン・チャンスではありません。人にも犬にも、セカンド・チャンス=「再スタートへの希望」があることを感じさせてくれるところが、過酷な状況の中での「救い」です。映画を見終わったあと、改めて犬の愛らしさ、生きることの尊さ、人と犬との絆を感じずにはいられません。

いつも音楽の話をしているので、最後に音楽がらみのお話を。映画の主題歌は、ウルフルズ(狼は犬の祖先ですからね!)の「泣けてくる」。メンバーのトータス松本さんは、1頭の保護犬と4頭の保護猫の里親でもあり、動物の保護活動に積極的です。保護犬の里親といえばもうひとり、小林聡美さんの元夫役を演じる上川隆也さんもまたご自身が保護犬の里親で、愛犬ノワールちゃんも出演しています。「犬の命」というテーマに共感した出演者・スタッフが集まった作品なのですね。ぜひ多くの人に観てほしい映画です。



犬に名前をつける日』は2015年10月31日(土)から東京・シネスイッチ銀座ほか全国順次公開。

※『いぬのきもち』本誌では、地方自治体やNPO法人による保護犬への取り組みを隔月で連載しています。こちらもぜひ読んでくださいね!

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・直しておきたい
    犬の“吠え問題”に挑む!
  • ・シーズン到来!役立つ
    お出かけトラブル白書

  • ・犬用カード使いこなし術
    最初に一歩
  • ・趣ある表情に思わず(笑)
    哀愁犬のキモチ

  • ・【実話】だからといって…
    愛犬を捨てるのですか?
  • ・災害、そのとき
    愛犬も自分も生き抜くには?


 topics|もっと!いぬのきもち

バックナンバー

いぬねこ連載
もっと見る

[PR]


10:00:00 いぬのきもち編集室便り 『人生はセカンド・チャンス! 映画『犬に名前をつける日』』 u14v96000000340p 特別企画 いぬ u14v96000000340p-img/1_main.jpg 1 u14v96000000340p-img/u14v96000000342j.jpg 『いぬのきもち』編集室のメンバーが交代でお届けする「編集室便り」。今回は、担当Hがおすすめの映画のお話をします。 『いぬのきもち』編集室のメンバーが交代でお届けする「編集室便り」。今回は、担当Hがおすすめの映画のお話をします。 その他
facebook
twitter