「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

ロゴ:いぬのきもちねこのきもち

記事詳細(ニュース記事作成用)

うっとり♡愛情♡ブラシマッサージ

いぬのきもち』2015年9月号では、愛犬を気持ちよ~くさせながら、愛犬と飼い主さんの愛情を深めることができるブラシマッサージのやり方について解説しています。



※ブラシマッサージのやり方や動画はコチラでも紹介しています。



※この記事は「いぬのきもち」から抜粋しています。もっと詳しく見たい方は「いぬのきもち」をお申し込みのうえ読んでくださいね!



愛犬との絆を深めるブラシマッサージ


犬 いぬのきもち ブラシ マッサージ

ピンブラシには、愛犬に適度な刺激を与え、愛犬を気持ちよ~くさせる効果があります。犬がピンブラシで触られて心地よい部位、触り方を知って、マッサージをしてあげることで、愛犬との絆もぐっと深まります♪



犬が気持ちいいときのしぐさを参考に

犬 いぬのきもち ブラシ マッサージ

犬が気持ちいいときのしぐさは下記の通りです。

・口元がゆるむ
・目がとろ~んとする
・力が抜けて伏せるような姿勢になる
・眠ってしまうことも
 
こうしたしぐさを犬がとればブラシマッサージが効いている証拠です。

ブラシマッサージをする際は、次の点を注意しましょう。

□発疹や皮膚病にかかっている部位は避ける
□愛犬が嫌がる部位には無理にはしない
□力を入れすぎない。自分の肌にブラシを当て、痛いと感じない程度の力加減が目安
□冬の乾燥した季節は、ブラッシングの前に被毛をローションや水で湿らせて、静電気を防ぐ
□ブラシを使わないときは、犬の触れられないところにしまっておく
□頭をマッサージするときはブラシが目に入らないように注意
□犬の眉間にある「大泉門」は触れないこと

「大泉門」とは頭蓋骨の継ぎ目の部分。生後間もなくは開いていますが、成長とともに閉じていきます。ただし、チワワなどの小型犬の場合、成犬になっても、継ぎ目が開いたままのことが。病気の原因になることもあるので、触らないようにしましょう。

犬 いぬのきもち ブラシ マッサージ

9月号のふろくにはマッサージピンブラシがついてくる!

いぬのきもち」2015年9月号の特集『うっとり愛情ブラシマッサージ』では、ふろくの「うっとりマッサージピンブラシ」を使った犬のブラッシング&マッサージの方法を紹介しています。犬が気持ちよくなれば、マッサージをしてくれる飼い主さんとの絆もより強くなりますよ。

※ブラシマッサージのやり方や動画はコチラでも紹介しています。

監修/石野 孝先生、相澤まな先生(かまくらげんき動物病院)

バックナンバーのお申し込み方法

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・愛犬にとってあなたは何タイプ?
  • ・愛犬の病気にかかった「治療費」白書
  • ・健康でも与える?犬のサプリメント

  • ・子犬に必要な「さいしょの一歩」
  • ・愛犬になりきり「犬目線の一日」
  • ・はじめて「ひとり遊び・かくれんぼ」

  • ・犬と暮らしたら人生が変わった!
  • ・いぬのきもち手作り部
  • ・犬の現代病「肥満」


 topics|もっと!いぬのきもち

バックナンバー

いぬねこ連載
もっと見る

[PR]


10:00:00 犬が気持ちいい場所を知ろう〜うっとり愛情ブラシマッサージ〜 u14v9600000022z7 特別企画 いぬ u14v9600000022z7-img/S150605-198_A.jpg 1 u14v9600000022z7-img/u14v96000000230t.jpg 『いぬのきもち』2015年9月号では、愛犬を気持ちよ~くさせながら、愛犬と飼い主さんの愛情を深めることができるブラシマッサージのやり方について解説しています。 『いぬのきもち』2015年9月号では、愛犬を気持ちよ~くさせながら、愛犬と飼い主さんの愛情を深めることができるブラシマッサージのやり方について解説しています。 病気・健康
facebook
twitter