「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

ロゴ:いぬのきもちねこのきもち

記事詳細(ニュース記事作成用)

経験豊かな保護犬たちのメリットを知ってほしい

いぬのきもち』偶数月号では、「犬のために何ができるのだろうか」と題して、各自治体やボランティア団体による犬の保護活動についての連載記事を掲載しています。
2015年8月号では、NPO法人 日本動物生命尊重の会と、そこで愛犬と出会った飼い主さんの生活を紹介。民間動物愛護団体から保護犬を迎えるという選択が注目を集めつつあります。前回に続き同会から犬を引き取った飼い主さんのエピソード、成犬から飼い始めることのメリットについてお伝えします。


※記載内容はすべて平成27年5月10日時点のものです。



※1回目の記事はコチラで公開しています。


※2回目の記事はコチラで公開しています。



※この記事は「いぬのきもち」から抜粋しています。「いぬのきもち」のお申し込みはこちら。

クールな美男子犬がいる! “父と息子”のような出会い



金木さんの団体では、常に35頭前後の犬を保護しています。スムーズに良縁に恵まれるケースもありますが、なかには注目されにくいタイプも。「このコはどうなるの?と心配になる犬がいつもいます」と話す金木さん。次に紹介するモンジロウくんも、かつてはそんな保護犬の1頭でした。話しかけても無表情で人なつっこさはゼロ。さらに大型犬という希望者が見つかりにくい条件もありました。

しかし、現在モンジロウくんと暮らす永 良明さんと千絵さんにとって、その印象はまったく違ったものでした。「募集サイトの写真を見て、クールな美男子犬がいる!と思いました。実際、会ってみると落ち着いていて、おおらか。大型犬の魅力が集約された本当にいいコだと思いました」

犬 いぬのきもち 犬のために何ができるだろうか

飼い主の永 良明さんと千絵さんといっしょに

犬 いぬのきもち 犬のために何ができるだろうか

元保護犬のモンジロウくん。優しくクールな目が魅力



永さんご夫婦は、長年多くの保護猫と暮らしていました。しかし6年ほど前に最高齢の猫を22才で亡くし、千絵さんが重度のペットロスに陥ってしまったのです。「このすさまじい喪失感は大型犬で埋めるしかない。夫婦の年齢からも、犬と暮らす最後の機会と考えました」と話す千絵さん。子ども時代に多くの犬と暮らした良明さんは「厳しくしつけるより、穏やかな環境で飼ってあげたい」と考えました。

そんなご夫婦から何かを察したのでしょうか、家に到着したモンジロウくんは戸惑う様子もなく玄関からリビングへ入り、安心したようにフロアに伏せたのです。散歩はゆったりテンポ。帰宅後のスキンシップタイムは、良明さんとモンジロウくん両方にとって至福の時間です。まさに“父と息子”のラブラブぶりに「運命の出会いです」と笑う千絵さん。しかし譲渡されて1年ほどは、作業着姿の男性を追いかけようとすることがあったといいます。「以前の飼い主さんに似ていたのでしょうか。このコの過去を想像すると切なくなります」という永さん夫妻の言葉からは、だからこそ寂しい思いは絶対にさせないという思いが伝わってきます。

散歩後のマッサージ。気持ちよくて腕枕でウトウト

モンジロウくんの安心しきった表情がほほえましい



経験豊かな保護犬たちのメリットを知ってほしい



現在、日本動物生命尊重の会で新しい飼い主さんを募集している犬の多くは成犬です。その魅力について「多くの人に知ってほしい」と訴える金木さん。

「成犬は性格や体格が確立しているので、住環境などに合った犬を選びやすいというメリットがあります。以前の飼育環境によってはしつけが入っているケースもあり、子犬ほど手がかかりません。これからもっと成犬譲渡が広がればと思います」



昨年5月から保護されている真之介くん。日本動物生命尊重会のメンバーにもおなじみ

散歩大好き! 推定16才と思えない堂々とした足取り



■問い合わせ先
日本動物生命尊重の会



いぬのきもち」の連載「犬のために何ができるのだろうか」では、各自治体やボランティア団体による犬の保護活動を紹介しています。


※「犬のために何ができるのだろうか」は偶数月の号に掲載しています。

バックナンバーのお申し込み方法


 topics|もっと!いぬのきもち

バックナンバー

いぬねこ連載
もっと見る

[PR]


10:00:00 「経験豊かな保護犬たちのメリットを知ってほしい」。NPO法人 日本動物生命尊重の会の取り組み(3) u14v9600000024jd 特別企画 いぬ u14v9600000024jd-img/_DSF6229_A.jpg 1 u14v9600000024jd-img/u14v9600000024l9.jpg 『いぬのきもち』偶数月号では、「犬のために何ができるのだろうか」と題して、各自治体やボランティア団体による犬の保護活動についての連載記事を掲載しています。今回は『いぬのきもち』8月号より「NPO法人 日本動物生命尊重の会」の取り組みを3回に分けてご紹介します。 『いぬのきもち』偶数月号では、「犬のために何ができるのだろうか」と題して、各自治体やボランティア団体による犬の保護活動についての連載記事を掲載しています。今回は『いぬのきもち』8月号より「NPO法人 日本動物生命尊重の会」の取り組みを3回に分けてご紹介します。 その他
facebook
twitter